幸せになるフィニッシュ・スピッツの育て方

フィニッシュ・スピッツとの楽しくない生活は、育て方を知らないから かも。

でも大丈夫。 トレーナーしか分からない知識 も今では、簡単に学ぶ ことができるから、挽回はいくらでもできます。

もちろん知識だけでは、愛犬を賢く育てるのには不十分です。 もう一つ欠かせないのが、愛犬に持つ愛情 です。

飼うことを決めた以上、フィニッシュ・スピッツは家族と同じです。導けなければ不幸なままです。 そしてフィニッシュ・スピッツにはあなたの存在が人生のすべてであることも忘れられないです。

愛情と正しい知識が、愛犬に安らぎを与えます。そうすれば、家族を困らせる行動をする必要もなくなります。

かわいいはずの愛犬が、問題行動を起こすのは、単なる知識不足からだけなのかも。 しつけを知ることで、あなたも家族も愛犬も幸せになれるはずです。


飼い主さんの中には、正しい育て方(しつけ)のコツを知らず苦労してる 方が多いです。 教わらないと分からないことも多いですからね。

しつけに関していうと、犬は ビックリするほ人間と 異なる特徴を持ちます。 その違いから、あなたの意図が、全然違う意味として愛犬に誤解されることも。 こうして何気ない行動が、愛犬をわがままにしてることも。 知ってれば回避できるだけに、残念です。

しつけで失敗しないためには、 主従関係 の理解が欠かせません。 飼い主さんが「主」、愛犬が「従」の関係です。 ところが、間違ったタイミングで褒めすぎたり、愛犬の要望を聞きすぎると、愛犬が主従関係を勘違いして、わがままワンコになってしまうことも。

つまり愛犬のワガママは、案外 飼い主さんと愛犬のお互いの誤解 から生まれたものかも。


主従関係は、愛犬と飼い主さんの信頼関係のカタチ。 その関係を保つには「やるべきこと」「やってはいけないこと」があります。適切な主従関係であれば、愛犬の心が安らぎ、些細なことでピリピリすることもないでしょう。

(主従関係の)リーダーの飼い主さんに 守られてる実感ができて、初めて愛犬は不要な緊張やストレスから解放されるのでしょう。 そんなリーダーになら 従うことも喜びに感じるはず。 きっと飼い主さんのいうことを聞く、可愛い愛犬でいられますね。

あなたの愛犬ですから、あなたの愛情と手で、導いてあげましょう。

フィニッシュ・スピッツ 育て方(しつけ)のコツ

犬には人間にはない特徴があり、まずはそれを理解してあげることが大事です。 でも具体的にどうすればいいの?

はい、愛犬の育て方やしつけに、真剣に悩んでいた飼い主さんたちに、驚かれ喜ばれている「犬のしつけ法」があります。

理由は簡単です。 2000頭の訓練実績があるプロのドッグトレーナーが、その経験をもとに一般の飼い主さんのために明かした「犬のしつけ法」だからです。

嬉しいことに、この「犬のしつけ法」はDVDです。 動画だからこそ、分かりやすい です。 文章やイラストだけではピンとこない内容も、気軽に学べます。 子供から大人まで、家族みんなで学べます。 いつでも 何度でも見られ るので忘れても安心。 プロにしか聞けない内容も自宅で気軽に学べますね。

初めて犬を飼った方にも、愛犬の問題行動に悩まされ続けてた飼い主さんにも、愛犬が お利口さんになったと喜ばれてます。

誰かに頼るのではなく、自分の手で愛犬が、お利口さんになっていくのは嬉しいことです。

目の前での愛犬の変化に、きっと しつけ がどんどん楽しくなるはず。 このしつけの公式サイトには、20代~50代の様々な飼い主さんの、悩みと喜びの声が届いてます。けっこう励まされます。



↑ クリック ↑
育て方のコツが、訓練頭数2000頭のプロに学べるチャンスです!


あなたのフィニッシュ・スピッツの人生は10年~15年ほど。 育て方で悩んでいて、大切な時間をなくしてしまうのはもったいないですよね。 あなたのフィニッシュ・スピッツは本当はもっと賢いのかも

***** ***** *****

初めてのリード
子犬への初めてのリード。意外な行動にビックリさせられました。生後3か月の頃だったでしょうか。子犬に初めてリードを試してました。リードの間に首輪のうほうにはにはすっかり慣れた様子でしたが・・・リードをつけた瞬間!驚いたようでハウスの方に一目散。リードがついたままだったので、首が引っ張らた状態に。かなり怖かったようで、しばらく鳴きやみませんでした。とほほ。

犬のしつけ時には厳しく
子犬だからといって何でも許してしまうとこれから長い目でみたとき修正できない場合もあります。わがままなままだと手を焼くことに。わがまま犬はストレスにも弱いと聞きます。犬の世界にも三つ子の魂百まででしょうか。子犬のうちから、適度なしつけは大事です。時には厳しくすることも必要です。

犬の肥満
愛犬の甘やかしすぎには注意です。とくにおやつのあげすぎは、肥満を招き、愛犬の健康にも問題を起こしやすいので注意したいです。実際、肥満のペット犬はかなり多いそうです。欲しがるから、喜ぶからといってついついあげてしまうというのに注意しましょう。

犬の風邪
子犬の病気もいろいろあります。風邪もその一つです。微熱・鼻水・セキなどの症状がでるようです。犬も人間と一緒に生活していて家族の一員です。でも犬には人間の風邪はうつらないそうです。でも、食中毒とかノロウイルスなどの感染症はうつる場合もあるようです。とにかく気をつけたいたいですね。

子犬の甘噛み
子犬に噛まれて痛い思いをした経験はないですか?犬の歯も人間と同じように乳歯から永久歯に生え変わります。子犬の甘噛みの原因の一つとして、歯が生え変わる時期に歯がゆいのをまぎらわすために甘噛みすることもあります。犬によって多少固体差はあるようですが、だいたい1才を迎えるころには永久歯に生え変わるようですよ。

チベタン・テリアとしつけDVDと訓練所どれがいい。

Copyright © 2007-2017 失敗しない愛犬の育て方. All rights reserved
inserted by FC2 system