「通販でバッテリー?」友人はあきれてました。
でも3割程度の値段と知って・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@ビーゴ

不景気や収入減のピンチは、節約ワザが身につくチャンス。 生活力向上で、収入が戻ったとき、喜び倍増です。

バッテリー交換もそのひとつ。 

バッテリー交換はやってみると意外に簡単です。 しかも自分でやれば、愛車のビーゴをもっと知る事ができ、きっともっと愛車を好きになれるでしょう。 もちろん 節約 にも効果的。

そして一段と節約に効くのが、再生バッテリー。 理由は簡単。 値段が新品の3割(70%OFF)程度から。 しかも能力についても安心できるように、2年補償や1年補償などの長期補償も付いてます。

近頃は、カーナビやカーステ、カーエアコンなど、車内の電気需要が旺盛ですし、パワーウインドウなどバッテリーが弱いと困ることもあります。

例えば、再生バッテリーなら費用を抑えながら、バッテリーの能力をランクアップさせることもできます。

愛車のメンテナンス、ガソリンスタンドや整備工場に任せっぱなしでは気がつかない、車の節約術がいろいろありますが、再生バッテリーを利用したバッテリー交換は中でも強力な節約術です。

再生バッテリーで、愛車のメンテを楽しみながら、環境にも優しく、節約しましょう。

再生バッテリーを知らずにバッテリー交換をした人が、本気で悔しがってます。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

ビーゴ:新品でも格安バッテリ

「いくら安くても、どうしても中古品には抵抗が・・」という場合には、ネット通販が可能にした、新品の格安バッテリーもあります。

ネット通販での販売と、大量仕入れなどの工夫で卸価格並みの格安を実現した、バッテリー専門店のバッテリーです。 安いと心配になるのが品質ですが、2年保証や走行距離の保証が付いたものを選べば安心できるはず。

安いからこそ容量アップで快適さと、節約の両方が狙えます。

「すぐ交換したいんだけど・・」という人にも嬉しい、当日発送にも対応です。ネット通販なので、お店の営業時間を気にせずに注文できますし、年中無休というのもうれしいです。届いてから自分の都合で交換するだけなので、休日を潰すことなくバッテリー交換ができます。

バッテリー交換が初めての人でも、車種別のバッテリー交換作業の動画もありますし、心配は要らないようです。

ネット通販で何年も前から実績を積んでいる専門店だから安心です。たとえばお客さまの声の中から、同じような悩みへの勇気やヒントが見つかるかも。

節約できたお金で、焼肉とか寿司もいいけど、マイカーのビーゴにお金をかけるのもいいかな。


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

ビーゴのボンネットを開けて、愛車のメンテに手を動かしてみると、予想外のうれしい節約が見つかるはずです。

自分で汗をかくことで、愛車のことが前より好きになれるはずです。 その上で節約も見つかりますし、いいこと2倍ですね。

まずはバッテリー交換。エンジントラブルの原因として多いバッテリーだから、交換作業ができるとトラブルのときも慌てずに済みます。

バッテリー交換で知っておきたいポイントに「マイナス極」と「重さ」があり。

『マイナス極』・・ バッテリーが接続された車は全体がマイナス極です。 車の金属部分のどこかに、プラス極に触れた工具などが当たると、「バチッ」とショートします。 作業中のショートの心配がなくすには、最初にマイナス極を外し、作業が終わってから最後にマイナス極を付けるのがポイントです。

『重さ』・・ 思ったより重いのがバッテリーです。 足に落としたら大けがですし、車に落としても大変です。

『たんこぶ』・・よくやるのが、ボンネットに頭をぶつける失敗です。

バッテリー交換は、やってみると簡単です。面倒に感じるのは、やってみる前だから。数千円~数万円の節約に成功したら、もう高いバッテリー交換には戻れないはずです。


楽しく自動車メンテ

自動車のカラー
自動車のカラーにはいろいろあります。車種によってはパステルカラーなどがあったり実に様々です。でも定番といえば白とか、黒でしょうね。中古車の査定のときも突飛なカラーより、定番のカラーのほうが評価が高かったりします。また同じ白でもパールが入っていたほうが人気ですね。

停電の備えに
長時間の停電はすごく困ります。でもケータイ電話だけでも充電ができれば、かなり重宝します。ワンセグで情報がつかめますし、大事な連絡にも使えます。ラジオよりワンセグのほうが情報量は多いですし、テレビが見れると気分的にも安心できます。愛車からケータイへ充電できるようにしておくといざというときは便利です。

バッテリーの性能
バッテリーの性能は、使う車によって違います。同じ車でも、装備している電装品の数や種類によって大きな容量が必要になったりします。自動車って電装品を増やすことでどんどん便利になっていくので、快適さをめざすほど、バッテリーの性能にも注意が必要になってきます。十分に余裕のあるバッテリを選びたいものです。

バッテリー充電
ガソリンスタンドにいけばバッテリーの充電も頼めます。しばらく車に乗らなかったり、エンジンのかかりが悪いと感じたら、バッテリーを充電してもらうといいかも。普通の走行でバッテリーをしっかり充電するにはある程度の走行が必要になるため、充電してもらったほうが手っ取りばやいでしょう。

ブースターケーブル
バッテリーが上がってしまい、エンジンがかからないときエンジン始動のため必要になるブースターケーブル。できるだけ車の中に常備しておきましょう。バッテリーが上がるとエンジンは始動できません。そんなときは別の自動車からブースターケーブルで電力を分けてもらうことでエンジンを始動させる事ができます。エンジンがかかれば、必要なところまで車が動かせます。

任意保険とスカイラインクーペでなっとくの保険.中古車選びフォルクスワーゲンのことのぺーじ. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JADAスズキダイハツ、 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system