「バッテリーもネット通販?」あきれ顔の友人も、
その3割程度の値段を知ると・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@エクシーガ

カーライフでの節約ワザは、昔とは違う方法がいろいろあります。 昔なら考えられないような方法もあります。

たとえば、バッテリー交換の節約方法もそのひとつ。

そもそも誰にでもできるはずのバッテリー交換を、お金を払ってまで誰かに頼むのは、もったいないことかも。エクシーガに触れる数少ない機会もなくしてます。ホントはもっと愛車が好きになれるかもしれないのに。節約チャンス も確実に逃してます。

ポイントは、再生バッテリー。 新品の7割引き相当の値段のものもあります。 専門店の再生だから安心ですし、2年補償や1年補償などの長期補償も付いてます。

車の中は、カーエアコンやカーナビ、カーステ、パワーウインドウ等々、電装装備が充実してるだけに、バッテリーの役割はすごく重要。

格安の再生バッテリーだから、費用を抑えつつ、バッテリーの能力をランクアップさせることもカンタンです。

愛車のメンテナンスを見直すと、かなり節約できる部分が出てきますが、再生バッテリーはその中でも簡単で効果的な方法です。 メンテを他人任せにしてる場合じゃないかも。

再生バッテリーをきっかけに、愛車のメンテも楽しめるようになるかも。

エコにも貢献できる再生バッテリー活用の節約術です。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

エクシーガ:新品でも格安バッテリ

「どれだけ安くても、中古品に不安を感じる」というのなら、新品でも格安のバッテリーを実現したバッテリー専門店の通販でしょう。

とにかく大量仕入れにより卸値並みの格安ということで、人気のバッテリーです。もちろん品質にもしっかり目を向けており、2年保証とか、走行距離の保証などもあります。

格安の利点は節約だけでに留まりません。容量アップしても安いので、快適さを犠牲にしない節約ができます。

待つのが嫌いな人でも、当日発送にも対応しているので便利です。店の営業時間を気にすることなく、自分のタイミングで発注できるのも意外と重要です。年中無休なので、バッテリー到着まで待たせないですし、届いたらすぐ交換できます。これで休日をバッテリー交換に当てる必要はないです。

自分でバッテリー交換ができるか不安な場合には、車種別のバッテリー交換作業の動画が役立ちます。

バッテリーのネット通販でもう何年も実績のある専門店だけに安心感が違います。お客さまの声から見つかるヒントもあります。また同じような悩みを知ることで、勇気がもらえたりも。

エクシーガのバッテリー交換で簡単に節約できたら、次からはお金のかかるバッテリー交換には戻れないはずです。


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

自分のエクシーガのメンテはどれくらいできてますか? 自分でできるって、思っているより楽しいことです。

ボンネットを開けてみて、今までとは違う愛車を感じることで、もっと愛車が楽しく思えるかも。 節約できることもいろいろ見つかったりで2倍楽しいです。

手始めはバッテリー交換です。バッテリーが触れればエンジントラブルのときも焦らず対処できるはずです。

交換作業で失敗しないために2つのポイントがあります。それは「マイナス極」と「バッテリーの重さ」です。

マイナス極について・・・作業はマイナス極に始まり、マイナス極に終わります。というのもバッテリーが機能しているとき車全体がマイナス極です。 もしバッテリーのプラス極に触れた工具などが、車の金属部分に当たると「バチッ」とショートします。 バッテリーのマイナス極を外している間は、ショートの心配なく作業ができます。つまり、交換作業の最初にマイナス極を外し、作業の最後にマイナス極を付けます。

バッテリーの重さについて・・・バッテリーは見た目より重いです。 足などに落としたりしたら、大けがすることも。持ち運ぶときやセットするときに注意が必要です。

バッテリー交換を手始めに車いじりに目覚める人も少なくないようです。想像だけで行動しないと感じられない楽しさもあるということですね。


楽しく自動車メンテ

カーナビ
カーナビに慣れると、カーナビなしのドライブは考えられないほど手放せないものですね。知らない場所や、初めての場所に行くときはもちろんですが、遠出のときの到着時間の見込みとか、見知らぬ土地の情報収集にも役立ちます。使ってみて気づくメリットも多いです。

バッテリー液のチェック
バッテリーの調子が悪いとき、バッテリー液の不足が原因の場合もあります。人によってはなかなかボンネットを開ける機会がないという人もいますが、大事な愛車です。たまにはボンネットを開けて、バッテリー液の量もチェックしたいですね。ちょっと見にくいこともあるので、しっかりチェックです。ついでに、ウォッシャー液もチェックしておきましょう。

バッテリーの規格
バッテリーにはいろいろな規格があります。外寸や電極の形・配置などのほか、パワーにも段階的に規格が用意されています。ところで、パワーに関しては大きいものを利用する事が可能で、近頃は車内の電装装備が充実していることもありパワーは大きいほうが安心です。

マフラー
自動車の部品の中でマフラーは特に消耗しやすい場所です。構造的にもっとも劣化が進みやすい場所の一つです。マフラーの劣化をそのままにしておくと、マフラーに穴があいたりします。そして、そんな状態で車を運転すると、騒音がすごくなり、快適な運転ができなくなります。

ブレーキパッドの交換時
通常は車検の時に早目に交換することも多いブレーキパッドですが、摩耗して交換時を迎えると、足回りで特有の音がします。足回りで聞きなれない異音に気づいたら、整備工場などで見てもらうことが大事です。放置すると重大な故障などにつながることもありますからね。

パルサー買取りの新しい流れ.bB保険・廃車の常識. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JCSTAD三菱自動車スバル、 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system