「バッテリーを通販?」友人は笑ってました。
でも値段が【3割】程度と知ると・・・

お得なバッテリー交換を楽しむ@輸入車

不景気や収入減のピンチは、節約ワザが身につくチャンス。 生活力向上で、収入が戻れば喜び倍増です。

バッテリー交換もそのひとつ。 

バッテリー交換はやってみると意外に簡単です。 しかも自分でやれば、愛車の輸入車(IMPORT CAR)をもっと知る事ができ、もっと愛車が好きになるでしょう。 もちろん 節約 にも効果的。

そしてもっと節約するなら、再生バッテリーです。 理由は簡単。 値段が新品の4分の1程度から。 でも能力は、新品の90%以上を再現してます。 もちろんエコにも貢献。

近頃は、カーナビやカーステ、カーエアコンなど、車の電装装備が充実していて、バッテリーはすごく重要。

例えば、再生バッテリーなら費用を抑えながら、バッテリーの能力をランクアップさせることもできます。

愛車のメンテナンス、ガソリンスタンドや整備工場、ディーラーに任せっぱなしでは気がつかない、車の節約術がいろいろありますが、再生バッテリーを利用したバッテリー交換は中でも強力な節約術です。

再生バッテリーで、愛車のメンテを楽しみながら、環境にも優しく、節約しましょう。

再生バッテリーを知らずにバッテリー交換をした人が、本気で悔しがってます。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

輸入車:新品でも格安バッテリ

「たとえ安いと分かっていても、中古品だと不安が・・」と感じる人なら、新品の格安バッテリーを一度見てみるのもいいかも。

卸価格並みの格安には理由があります。それはネット通販大量仕入れなんだそうです。品質を妥協しているわけではないです。2年保証とか、走行距離の保証もあるので、チェックしてみましょう。

安いから容量のランクアップも、気軽にできて快適さの向上と節約の両方が狙えます。

思いついたらすぐ行動したいという人をも待たせない当日発送もあります。営業時間を気にしないで発注できるネット通販ですし忙しくても大丈夫です。年中無休だから連休でも大丈夫。届いたら自分のタイミングで交換するだけなので、バッテリー交換でお店に行って待たされて半日とか一日を棒に振ることもないです。

何年もネット通販で運営してきた専門店だから、手を動かしたときに知りたい情報がたっぷりです。また掲載されているお客さまの声は、先輩たちの声であり、同じ悩みを見つけると励まされます。

輸入車のバッテリー交換で節約したお金の使いみちを考えるのも楽しいです。節約できるのは数千円か?それ以上か?


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

自分の車だから、輸入車(IMPORT CAR)はメンテナンスから楽しみましょう。

自分で汗をかき、手を動かすことで気づくこともあり、愛車のことがもっと好きになれます。それだけではく、節約にも役立ちますし、。

バッテリー交換は簡単ですし、車いじり導入にはピッタリかも。エンジントラブルなどバッテリーに関わるトラブルにも強くなれます。

見落とせないバッテリー交換のポイントは主に2つ。それは「プラスとマイナスの作業手順」と「バッテリーの重さ」です。

【プラスとマイナスの作業手順】・・ バッテリーは「外すのはマイナスが先付けるのはプラスが先」です。 言い方を変えると「マイナスに始まり、マイナスに終わり」る手順です。順番くらいと思いがちですが、作業中のショートを防止するために忘れられないことです。

【バッテリーの重さ】・・ バッテリーは重いです。セットするときに落としてぶつけたら大変ですし、足に落としたら大けがしかねないです。

バッテリー交換は、簡単な割に節約などメリットも大きく、試しがいのある作業です。


楽しく自動車メンテ

ガス欠体験
自動車の運転で恥ずかしいガス欠。走っていた車が動かなくなり、燃料ゲージを見ると針が振り切れていて、まさかのガス欠。JAFに入っていたので、JAFを呼んで、リッターあたり若干高いガソリンを10リットルくらい入れてもらってその場を後にすることができたのでした。

バッテリー交換
バッテリーの交換は意外に簡単です。だれにでもできます。整備工場やガソリンスタンドでバッテリー交換をする人も多いですが、自分でバッテリー交換するとかなり安く交換ができます。浮いた費用で容量の大きいバッテリーを選ぶという事だってできますし、チャレンジしてみるといいですね。

車の荷物
ついつい車の中に荷物を入れっぱなしということは無いでしょうか?荷物がたくさん積める車ほど、積んだままになっている事が多いと思います。でも荷物が入りっぱなしだと、余計な重量で燃費が悪くなります。マメにチェックして不要な荷物は極力降ろすように心がけることが大事です。

重いバッテリー
バッテリーは、大きさ見た目のわりに重いです。なぜなら中には鉛がたっぷり入っているからです。ですので、バッテリー交換では、取り扱いに注意が必要です。間違って足に落としたりしたら大変です。また落として愛車にぶつけても大変です。サイズに油断せず、しっかり両手で持つようにしましょう。

洗車
愛車のメンテナンスでもっとも一般的なのが洗車ですね。大切な愛車だけに、定期的に丁寧に洗車、掃除する人も多いです。コイン洗車場はすごく便利です。自分の手で洗車することで、もっと愛車のことが好きになれますね。スタンドなどでしっかり洗車してもらうのもいいですが、自分で洗車するのも気分がいいですね。

輸入車の保険比較についてのこと. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 国土交通省~MLIT~国土交通省、 GMGM、 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system