「バッテリーもネット通販?」あきれ顔の友人も、
その3割程度の値段を知ると・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@レクサスGS350

カーライフでの節約ワザは、昔とは違う方法がいろいろあります。 昔なら考えられないような方法もあります。

たとえば、バッテリー交換の節約方法もそのひとつ。

そもそも誰にでもできるはずのバッテリー交換を、お金を払ってまで誰かに頼むのは、もったいないことかも。レクサスGS350に触れる数少ない機会もなくしてます。ホントはもっと愛車が好きになれるかもしれないのに。節約チャンス も確実に逃してます。

ポイントは、再生バッテリー。 新品の7割引き相当の値段のものもあります。 専門店の再生だから安心ですし、2年補償や1年補償などの長期補償も付いてます。

車の中は、カーエアコンやカーナビ、カーステ、パワーウインドウ等々、電装装備が充実してるだけに、バッテリーの役割はすごく重要。

格安の再生バッテリーだから、費用を抑えつつ、バッテリーの能力をランクアップさせることもカンタンです。

愛車のメンテナンスを見直すと、かなり節約できる部分が出てきますが、再生バッテリーはその中でも簡単で効果的な方法です。 メンテを他人任せにしてる場合じゃないかも。

再生バッテリーをきっかけに、愛車のメンテも楽しめるようになるかも。

エコにも貢献できる再生バッテリー活用の節約術です。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

レクサスGS350:新品でも格安バッテリ

「いくら安くても、どうしても中古品には抵抗が・・」という場合には、ネット通販が可能にした、新品の格安バッテリーもあります。

ネット通販での販売と、大量仕入れなどの工夫で卸価格並みの格安を実現した、バッテリー専門店のバッテリーです。 安いと心配になるのが品質ですが、2年保証や走行距離の保証が付いたものを選べば安心できるはず。

安いからこそ容量アップで快適さと、節約の両方が狙えます。

「すぐ交換したいんだけど・・」という人にも嬉しい、当日発送にも対応です。ネット通販なので、お店の営業時間を気にせずに注文できますし、年中無休というのもうれしいです。届いてから自分の都合で交換するだけなので、休日を潰すことなくバッテリー交換ができます。

バッテリー交換が初めての人でも、車種別のバッテリー交換作業の動画もありますし、心配は要らないようです。

ネット通販で何年も前から実績を積んでいる専門店だから安心です。たとえばお客さまの声の中から、同じような悩みへの勇気やヒントが見つかるかも。

節約できたお金で、焼肉とか寿司もいいけど、マイカーのレクサスGS350にお金をかけるのもいいかな。


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

自分のレクサスGS350のメンテはどれくらいできてますか? 自分でできるって、思っているより楽しいことです。

ボンネットを開けてみて、今までとは違う愛車を感じることで、もっと愛車が楽しく思えるかも。 節約できることもいろいろ見つかったりで2倍楽しいです。

手始めはバッテリー交換です。バッテリーが触れればエンジントラブルのときも焦らず対処できるはずです。

交換作業で失敗しないために2つのポイントがあります。それは「マイナス極」と「バッテリーの重さ」です。

マイナス極について・・・作業はマイナス極に始まり、マイナス極に終わります。というのもバッテリーが機能しているとき車全体がマイナス極です。 もしバッテリーのプラス極に触れた工具などが、車の金属部分に当たると「バチッ」とショートします。 バッテリーのマイナス極を外している間は、ショートの心配なく作業ができます。つまり、交換作業の最初にマイナス極を外し、作業の最後にマイナス極を付けます。

バッテリーの重さについて・・・バッテリーは見た目より重いです。 足などに落としたりしたら、大けがすることも。持ち運ぶときやセットするときに注意が必要です。

バッテリー交換を手始めに車いじりに目覚める人も少なくないようです。想像だけで行動しないと感じられない楽しさもあるということですね。


楽しく自動車メンテ

ウィンカーの球切れ
ウィンカーのどれかが1つでも球切れすると、点滅のペースが妙に速くなります。ですので、ウィンカーの球切れってすぐに分かります。対向車などでも、おかしなペースでウィンカーが点滅してると、どこかで球切れしてるなというのが分かります。ほかのランプ類にはない特徴です。

ライトの種類
昔から使われているハロゲンランプのほか、HIDやLEDなどライトにも種類があります。ハロゲンランプと違い、熱を発生しないHIDやLEDは消費電力も少ないそうです。HIDなどはハロゲンを超える夜間の視認性で人気もあります。一度体験するとハロゲンには戻りたくなくなるほどです。

重いバッテリー
バッテリーは、大きさ見た目のわりに重いです。なぜなら中には鉛がたっぷり入っているからです。ですので、バッテリー交換では、取り扱いに注意が必要です。間違って足に落としたりしたら大変です。また落として愛車にぶつけても大変です。サイズに油断せず、しっかり両手で持つようにしましょう。

タイヤ交換
愛車のタイヤ交換はできますか?昔と違い道路もしっかり舗装されており、日常のドライブでパンクを経験することは少なくなったと思います。そのため、自分でタイヤ交換をした事がないという人は案外多いのかもしれませんね。でもタイヤ交換はドライバーならできるようにしておきたいですね。

プラグにもいろいろ
普段あまり意識することはないですが、車検のときなどにチェックして交換をたずねられる事があります。交換するときは普通は同じタイプのプラグというのが基本と思います。だからあまり考える事がないと思いますが、プラグにもいろいろ種類があります。中古車だったりで、前の利用者がこだわりのプラグを使っていたときなど、必ずしも同じじゃなくていいですね。

レクサスGS350の価格のことです. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JAMAトヨタ自動車| 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system