「通販でバッテリー?」友人はあきれてました。
でも3割程度の値段と知って・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@レクサスIS250

マイカーに関する節約方法には、技術の進歩やネットの普及、規制緩和などもあり、昔では思いつきもしないものがあります。

バッテリー交換も、実は大きな節約チャンスです。

本来は誰にでもできていたバッテリー交換ですが、いつしかお金を払って交換してもらうことに慣れてしまっていないでしょうか。自分でレクサスIS250のボンネットを開ける数少ない機会も失っています。愛車に関わり、よく知ることは、マイカーをもっとが好きになれるチャンスです。と同時に、節約チャンス でもあります。

カギを握るのは、再生バッテリーです。 新品の7割引き(30%)程度相当からの値段。 専門店が行う再生だから、能力に関しても安心です。2年補償や1年補償の長期補償もあります。

車の中は、カーエアコンやカーナビ、カーステ等々、便利だけど電気の需要が上がっています。またパワーウインドウなど、弱いバッテリーでは困ることも。

再生バッテリーなら、安いから費用をかけず、バッテリーの容量アップも気軽にできます。

愛車のメンテナンスのなかで、これほど手軽に節約できるものって他にはないです。再生バッテリーを上手に使いこなすことが、少ない費用でカーライフを楽しむコツです。

再生バッテリーの交換作業をきっかけに、車いじりやメンテの楽しみを知れば、さらに次の可能性もあります。

まずはエコにもいい、再生バッテリー活用の節約術から試してみましょう。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

レクサスIS250:新品でも格安バッテリ

「たとえ安いと分かっていても、中古品だと不安が・・」と感じる人なら、新品の格安バッテリーを一度見てみるのもいいかも。

卸価格並みの格安には理由があります。それはネット通販大量仕入れなんだそうです。品質を妥協しているわけではないです。2年保証とか、走行距離の保証もあるので、チェックしてみましょう。

安いから容量のランクアップも、気軽にできて快適さの向上と節約の両方が狙えます。

思いついたらすぐ行動したいという人をも待たせない当日発送もあります。営業時間を気にしないで発注できるネット通販ですし忙しくても大丈夫です。年中無休だから連休でも大丈夫。届いたら自分のタイミングで交換するだけなので、バッテリー交換でお店に行って待たされて半日とか一日を棒に振ることもないです。

バッテリー交換作業に不慣れでも、バッテリー交換作業の車種別の動画が確認できて心強いです。

何年もネット通販で運営してきた専門店だから、手を動かしたときに知りたい情報がたっぷりです。また掲載されているお客さまの声は、先輩たちの声であり、同じ悩みを見つけると励まされます。

レクサスIS250のバッテリー交換で節約したお金の使いみちを考えるのも楽しいです。節約できるのは数千円か?それ以上か?


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

愛車レクサスIS250のメンテを楽しみましょう。 自分でできることって、意外に多いです。

自分の手を動かすと、もっと愛車が好きになれます。 しかも、節約にもなりますし、一石二鳥です。

バッテリー交換ができれば、バッテリーに関わるトラブルのときも慌てることがありません。

バッテリー交換で注意したいのは主に2つ。「マイナス極」と「重さ」です。

【マイナス極】・・・バッテリーを装着時は車全体がマイナス極だと思いましょう。 ですので工具がバッテリーのプラス極に触れながら、車の金属部分に当たると「バチッ」とショートします。 バッテリーのマイナス極を外せば、車はプラスでもマイナスでもなくなるので、ショートの心配がなくなります。 つまり、バッテリーを外すときは最初にマイナスを外し、付けるときは最後にマイナスを付けるのがポイントです。

【重さ】・・・バッテリーは意外に重いです。 持ち運びのときに足に落としたりしないように注意しましょう。

バッテリー交換は、難しくない割にメリットも大きいですし、チャレンジしがいがありますよ。 とてもお得なバッテリーでどうぞ。(バッテリーの回収にも応じています。)


楽しく自動車メンテ

交差点でのトラブル
赤信号での信号待ち。青と同時に発進したら、交差点中央あたりでエンジンが止まってしまいました。エンストなんて珍しいなぁとおもってエンジンをかけなおそうとしてもかからない。とりあえず、交差点の外へは出られたものの、そこから動けずロードサービスでレッカーしてもらいました。発電部品の交渉だったとか。そういうこともあるんですね。

ブレーキパッドの交換時
通常は車検の時に早目に交換することも多いブレーキパッドですが、摩耗して交換時を迎えると、足回りで特有の音がします。足回りで聞きなれない異音に気づいたら、整備工場などで見てもらうことが大事です。放置すると重大な故障などにつながることもありますからね。

オイル交換
車を長く快適に乗り続けるために、オイル交換は重要です。オイル交換といえばガソリンスタンドで行う人がほとんどだと思います。オイル交換だけではなく、定期的にオイルエレメントの交換も大切です。とはいえ、オイル交換やオイルエレメントの交換は忘れがちな人も多いですね。あなたは、忘れていませんか?

マフラー
自動車の部品の中でマフラーは特に消耗しやすい場所です。構造的にもっとも劣化が進みやすい場所の一つです。マフラーの劣化をそのままにしておくと、マフラーに穴があいたりします。そして、そんな状態で車を運転すると、騒音がすごくなり、快適な運転ができなくなります。

シートカバー
車のシートの汚れ防止と思って、シートカバーを購入してつけました。つけてしばらくはよかったのですが、安かったせいか日焼けの差が目立つようになったり、シワが出て見た目がかっこくよくなく感じたり。長く使う事を考えれば、シートカバー選びもしっかりしたものを選んだほうがよかったみたいです。

車のことバッテリー交換レクサスIS250のおやくだち情報を. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JAMAトヨタ自動車| 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system