「通販でバッテリー?」友人はあきれてました。
でも3割程度の値段と知って・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@アウトバック

不安も多いこの頃、もし収入・給料が減ったとしても、その分節約で取り戻せば、生活レベルを変える必要はないです。 生活力アップで収入が上がらなくても生活はもっと充実できるはず。

たとえば愛車のバッテリー交換も大きな節約チャンスです。

交換作業を他人任せで、自分ではやらなくなったという人は、交換ごとに数千円~数万円を無駄にしているのかも。

バッテリー交換は誰でもできる作業で、やってみると意外に簡単です。 しかも自分の手ですることで、あなたのアウトバックをもっと近く感じることができ、もっと愛車が好きになれます。 メリットは 節約 だけではないです。

たとえば再生バッテリーなら、値段が新品の3割(70%OFF)程度から。 品質に不安がないように、2年補償や1年補償などの長期補償もあります。

エアコン、カーナビ、カーステなど、車内の電気需要は旺盛ですし、昔と違ってウインドウも電動ですし、弱いバッテリーでは困ります。

だから安い再生バッテリーで、費用をかけずに、バッテリーの能力アップという方法もよく使われています。

マイカーのメンテや管理については、プロの整備工場やディーラー、ガソリンスタンドなどにお任せするだけでは見落としがちな節約術が結構あります。中でも再生バッテリーへの交換は、手軽にできる強力な節約術です。

自分でするバッテリー交換をきっかけに、愛車のメンテに興味ができたら、次は別の節約にもチャレンジしましょう。

バッテリー交換した後に、再生バッテリーに気づいて、本気で悔しがる人もいます。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

アウトバック:新品でも格安バッテリ

「安いとはいえ、やはり中古品に抵抗がある」という人には、もう一つの方法があります。それは新品の格安バッテリーの通販です。

ネット通販大量仕入れ卸価格並みの格安を実現したバッテリー専門店のバッテリーが話題です。品質についても、2年保証や走行距離の保証を確認すれば安心できるはず。

安さを追求するだけでなく、能力アップ節約の両立も狙えます。

急いでいる人にも嬉しい、当日発送にも対応してます。年中無休ですし、そもそもネット通販なので、お店の営業時間に関係なく注文できます。そして届いたら交換するだけ。せっかくの休日をバッテリー交換で潰すこともないです。

バッテリー交換の作業が不安な人には、車種別のバッテリー交換作業の動画もあります。分かりやすいです。

ネット通販で何年も実績のある専門店だから安心ですし、掲載されているお客さまの声からも、きっとヒントが見つかるはずです。

愛車アウトバックのバッテリー交換で節約できたお金で、寿司とか焼肉とかおいしいものを食べるのもいいですね。


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

アウトバックのボンネットを開けて、愛車のメンテに手を動かしてみると、予想外のうれしい節約が見つかるはずです。

自分で汗をかくことで、愛車のことが前より好きになれるはずです。 その上で節約も見つかりますし、いいこと2倍ですね。

まずはバッテリー交換。エンジントラブルの原因として多いバッテリーだから、交換作業ができるとトラブルのときも慌てずに済みます。

バッテリー交換で知っておきたいポイントに「マイナス極」と「重さ」があり。

『マイナス極』・・ バッテリーが接続された車は全体がマイナス極です。 車の金属部分のどこかに、プラス極に触れた工具などが当たると、「バチッ」とショートします。 作業中のショートの心配がなくすには、最初にマイナス極を外し、作業が終わってから最後にマイナス極を付けるのがポイントです。

『重さ』・・ 思ったより重いのがバッテリーです。 足に落としたら大けがですし、車に落としても大変です。

『たんこぶ』・・よくやるのが、ボンネットに頭をぶつける失敗です。

バッテリー交換は、やってみると簡単です。面倒に感じるのは、やってみる前だから。数千円~数万円の節約に成功したら、もう高いバッテリー交換には戻れないはずです。


楽しく自動車メンテ

バッテリーの規格
バッテリーにはいろいろな規格があります。外寸や電極の形・配置などのほか、パワーにも段階的に規格が用意されています。ところで、パワーに関しては大きいものを利用する事が可能で、近頃は車内の電装装備が充実していることもありパワーは大きいほうが安心です。

吹雪の中のバッテリー上がり
冬はバッテリーに過酷な時期。それは知ってたけど、まさか吹雪の中でバッテリー上がりで立ち往生するとは思いませんでした。エンジンがかからず困った状態。幸い、クルマの多いところだったので、ブースターケーブルを使って救援してもらいましたが、人通りのない場所だったらもっと大変だったろうとヒヤッとしたのでした。

バッテリー充電
ガソリンスタンドにいけばバッテリーの充電も頼めます。しばらく車に乗らなかったり、エンジンのかかりが悪いと感じたら、バッテリーを充電してもらうといいかも。普通の走行でバッテリーをしっかり充電するにはある程度の走行が必要になるため、充電してもらったほうが手っ取りばやいでしょう。

たまにはエンジン
長い期間クルマを使わないという場合でも、たまにはエンジンをかけてあげないと、バッテリーが放電してしまい、肝心な時にエンジンがかからないということにもなりかねません。ちょっとしたドライブを兼ねて週1くらいにはマイカーを走らせて上げたいですね。

車とバッテリー
バッテリーを装着しているときは、車全体がマイナスになっています。ですので、工具が「プラスの電極」と「車の金属部分」に同時に触れるとショートしてしまいます。そんなこともあり、バッテリーのプラスの電極には赤いカバーがかけられています。ご存知だったでしょうか?

アウトバック簡単納得中古車探しおやくだちじょうほう. ムーヴラテ買取りの新しい流れ. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JCSTAD三菱自動車スバル、 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system