「バッテリーもネット通販?」あきれ顔の友人も、
その3割程度の値段を知ると・・・

お得なバッテリー交換を楽しむ@プジョー

不景気や収入減のピンチは、節約ワザが身につくチャンス。 生活力向上で、収入が戻れば喜び倍増です。

バッテリー交換もそのひとつ。 

バッテリー交換はやってみると意外に簡単です。 しかも自分でやれば、愛車のプジョー(PEUGEOT)をもっと知る事ができ、もっと愛車が好きになるでしょう。 もちろん 節約 にも効果的。

そしてもっと節約するなら、再生バッテリーです。 理由は簡単。 値段が新品の4分の1程度から。 でも能力は、新品の90%以上を再現してます。 もちろんエコにも貢献。

近頃は、カーナビやカーステ、カーエアコンなど、車の電装装備が充実していて、バッテリーはすごく重要。

例えば、再生バッテリーなら費用を抑えながら、バッテリーの能力をランクアップさせることもできます。

愛車のメンテナンス、ガソリンスタンドや整備工場、ディーラーに任せっぱなしでは気がつかない、車の節約術がいろいろありますが、再生バッテリーを利用したバッテリー交換は中でも強力な節約術です。

再生バッテリーで、愛車のメンテを楽しみながら、環境にも優しく、節約しましょう。

再生バッテリーを知らずにバッテリー交換をした人が、本気で悔しがってます。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

プジョー:新品でも格安バッテリ

「たとえ安いと分かっていても、中古品だと不安が・・」と感じる人なら、新品の格安バッテリーを一度見てみるのもいいかも。

卸価格並みの格安には理由があります。それはネット通販大量仕入れなんだそうです。品質を妥協しているわけではないです。2年保証とか、走行距離の保証もあるので、チェックしてみましょう。

安いから容量のランクアップも、気軽にできて快適さの向上と節約の両方が狙えます。

思いついたらすぐ行動したいという人をも待たせない当日発送もあります。営業時間を気にしないで発注できるネット通販ですし忙しくても大丈夫です。年中無休だから連休でも大丈夫。届いたら自分のタイミングで交換するだけなので、バッテリー交換でお店に行って待たされて半日とか一日を棒に振ることもないです。

何年もネット通販で運営してきた専門店だから、手を動かしたときに知りたい情報がたっぷりです。また掲載されているお客さまの声は、先輩たちの声であり、同じ悩みを見つけると励まされます。

プジョーのバッテリー交換で節約したお金の使いみちを考えるのも楽しいです。節約できるのは数千円か?それ以上か?


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

あなたのプジョー(PEUGEOT)のメンテを楽しみましょう。 自分でできることは意外に多いです。

自分の手を動かすと、もっと愛車が好きになれます。 しかも節約でき、一石二鳥です。

バッテリー交換ができれば、バッテリーに関わるトラブルのときも慌てずに済みますね。

バッテリー交換で注意したいのは主に2つ。「プラスとマイナスの順番」と「重さ」です。

【プラスとマイナスの順番】・・・バッテリーは「外すときはマイナスから、付けるときはプラスから」がポイント。 つまり「マイナスに始まり、マイナスに終わり」ます。 これは作業中のショートを防止するためです。

【重さ】・・・バッテリーは意外に重いです。 持ち運びのときに足に落としたりしないように注意しましょう。

バッテリー交換は、難しくない割にメリットも大きいです。 チャレンジしがいがあります。 とてもお得&エコな再生バッテリーでどうぞ。(このお店、バッテリーの回収にも応じています。)


楽しく自動車メンテ

クラッチ
マニュアル車にめっきり乗らなくなったため、クラッチのことはもう普段は思い出すこともなくなりました。それでも、実際にマニュアル車に乗ると、それなりに足は動くのでした。前ほど自然ではないにせよ、パニックになることもなく運転はできたことに、自分ながら感動したのでした。

スライドドア
電動スライドドアが当たり前になり、ドアの開け閉めにもバッテリーが関わっています。運転席からの操作もできて便利なのはいいのですが、故障などのトラブル時はけっこう大変だったりします。昔は手動のスライドドアもありましたが、もはやお目にかかる機会もほとんどないのでした。

タイヤ交換
愛車のタイヤ交換はできますか?昔と違い道路もしっかり舗装されており、日常のドライブでパンクを経験することは少なくなったと思います。そのため、自分でタイヤ交換をした事がないという人は案外多いのかもしれませんね。でもタイヤ交換はドライバーならできるようにしておきたいですね。

自動車のカラー
自動車のカラーにはいろいろあります。車種によってはパステルカラーなどがあったり実に様々です。でも定番といえば白とか、黒でしょうね。中古車の査定のときも突飛なカラーより、定番のカラーのほうが評価が高かったりします。また同じ白でもパールが入っていたほうが人気ですね。

バッテリーの性能
バッテリーの性能は、使う車によって違います。同じ車でも、装備している電装品の数や種類によって大きな容量が必要になったりします。自動車って電装品を増やすことでどんどん便利になっていくので、快適さをめざすほど、バッテリーの性能にも注意が必要になってきます。十分に余裕のあるバッテリを選びたいものです。

プジョーの保険比較についてのこと. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 国土交通省~MLIT~国土交通省、 GMGM、 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system