「バッテリーを通販?」友人は笑ってました。
でも値段が【3割】程度と知ると・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@ラッシュ

マイカーに関する節約方法には、技術の進歩やネットの普及、規制緩和などもあり、昔では思いつきもしないものがあります。

バッテリー交換も、実は大きな節約チャンスです。

本来は誰にでもできていたバッテリー交換ですが、いつしかお金を払って交換してもらうことに慣れてしまっていないでしょうか。自分でラッシュのボンネットを開ける数少ない機会も失っています。愛車に関わり、よく知ることは、マイカーをもっとが好きになれるチャンスです。と同時に、節約チャンス でもあります。

カギを握るのは、再生バッテリーです。 新品の7割引き(30%)程度相当からの値段。 専門店が行う再生だから、能力に関しても安心です。2年補償や1年補償の長期補償もあります。

車の中は、カーエアコンやカーナビ、カーステ等々、便利だけど電気の需要が上がっています。またパワーウインドウなど、弱いバッテリーでは困ることも。

再生バッテリーなら、安いから費用をかけず、バッテリーの容量アップも気軽にできます。

愛車のメンテナンスのなかで、これほど手軽に節約できるものって他にはないです。再生バッテリーを上手に使いこなすことが、少ない費用でカーライフを楽しむコツです。

再生バッテリーの交換作業をきっかけに、車いじりやメンテの楽しみを知れば、さらに次の可能性もあります。

まずはエコにもいい、再生バッテリー活用の節約術から試してみましょう。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

ラッシュ:新品でも格安バッテリ

「たとえ安いと分かっていても、中古品だと不安が・・」と感じる人なら、新品の格安バッテリーを一度見てみるのもいいかも。

卸価格並みの格安には理由があります。それはネット通販大量仕入れなんだそうです。品質を妥協しているわけではないです。2年保証とか、走行距離の保証もあるので、チェックしてみましょう。

安いから容量のランクアップも、気軽にできて快適さの向上と節約の両方が狙えます。

思いついたらすぐ行動したいという人をも待たせない当日発送もあります。営業時間を気にしないで発注できるネット通販ですし忙しくても大丈夫です。年中無休だから連休でも大丈夫。届いたら自分のタイミングで交換するだけなので、バッテリー交換でお店に行って待たされて半日とか一日を棒に振ることもないです。

バッテリー交換作業に不慣れでも、バッテリー交換作業の車種別の動画が確認できて心強いです。

何年もネット通販で運営してきた専門店だから、手を動かしたときに知りたい情報がたっぷりです。また掲載されているお客さまの声は、先輩たちの声であり、同じ悩みを見つけると励まされます。

ラッシュのバッテリー交換で節約したお金の使いみちを考えるのも楽しいです。節約できるのは数千円か?それ以上か?


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

ラッシュのボンネットを開けて、愛車のメンテに手を動かしてみると、予想外のうれしい節約が見つかるはずです。

自分で汗をかくことで、愛車のことが前より好きになれるはずです。 その上で節約も見つかりますし、いいこと2倍ですね。

まずはバッテリー交換。エンジントラブルの原因として多いバッテリーだから、交換作業ができるとトラブルのときも慌てずに済みます。

バッテリー交換で知っておきたいポイントに「マイナス極」と「重さ」があり。

『マイナス極』・・ バッテリーが接続された車は全体がマイナス極です。 車の金属部分のどこかに、プラス極に触れた工具などが当たると、「バチッ」とショートします。 作業中のショートの心配がなくすには、最初にマイナス極を外し、作業が終わってから最後にマイナス極を付けるのがポイントです。

『重さ』・・ 思ったより重いのがバッテリーです。 足に落としたら大けがですし、車に落としても大変です。

『たんこぶ』・・よくやるのが、ボンネットに頭をぶつける失敗です。

バッテリー交換は、やってみると簡単です。面倒に感じるのは、やってみる前だから。数千円~数万円の節約に成功したら、もう高いバッテリー交換には戻れないはずです。


楽しく自動車メンテ

タイヤ交換
愛車のタイヤ交換はできますか?昔と違い道路もしっかり舗装されており、日常のドライブでパンクを経験することは少なくなったと思います。そのため、自分でタイヤ交換をした事がないという人は案外多いのかもしれませんね。でもタイヤ交換はドライバーならできるようにしておきたいですね。

カーステの故障
カーステが故障して操作不能になってしまいました。スイッチのON・OFFも勝手な自動。突然FMがかかったり。消しても暫くすると勝手にONになったり。好きな番組も選べない状態。パネル式なので音量操作もなかなかうまく行かない状態。下げようとしてボタンを押したら、音量が上がったり。自由きままっぷりが逆に笑えるのでした。

ライトの種類
昔から使われているハロゲンランプのほか、HIDやLEDなどライトにも種類があります。ハロゲンランプと違い、熱を発生しないHIDやLEDは消費電力も少ないそうです。HIDなどはハロゲンを超える夜間の視認性で人気もあります。一度体験するとハロゲンには戻りたくなくなるほどです。

プラグにもいろいろ
普段あまり意識することはないですが、車検のときなどにチェックして交換をたずねられる事があります。交換するときは普通は同じタイプのプラグというのが基本と思います。だからあまり考える事がないと思いますが、プラグにもいろいろ種類があります。中古車だったりで、前の利用者がこだわりのプラグを使っていたときなど、必ずしも同じじゃなくていいですね。

重いバッテリー
バッテリーは、大きさ見た目のわりに重いです。なぜなら中には鉛がたっぷり入っているからです。ですので、バッテリー交換では、取り扱いに注意が必要です。間違って足に落としたりしたら大変です。また落として愛車にぶつけても大変です。サイズに油断せず、しっかり両手で持つようにしましょう。

ラッシュの保険比較についてのこと. コペン買取りの新しい流れ. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JAMAトヨタ自動車| 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system