「バッテリーを通販?」友人は笑ってました。
でも値段が【3割】程度と知ると・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@スクラムワゴン

不景気や収入減のピンチは、節約ワザが身につくチャンス。 生活力向上で、収入が戻ったとき、喜び倍増です。

バッテリー交換もそのひとつ。 

バッテリー交換はやってみると意外に簡単です。 しかも自分でやれば、愛車のスクラムワゴンをもっと知る事ができ、きっともっと愛車を好きになれるでしょう。 もちろん 節約 にも効果的。

そして一段と節約に効くのが、再生バッテリー。 理由は簡単。 値段が新品の4分の1程度から。 でも能力は、新品の90%以上を再現しています。

近頃は、カーナビやカーステ、カーエアコンなど、車の電装装備が充実してますので、バッテリーはすごく重要です。

例えば、再生バッテリーなら費用を抑えながら、バッテリーの能力をランクアップさせることもできます。

愛車のメンテナンス、ガソリンスタンドや整備工場に任せっぱなしでは気がつかない、車の節約術がいろいろありますが、再生バッテリーを利用したバッテリー交換は中でも強力な節約術です。

再生バッテリーで、愛車のメンテを楽しみながら、環境にも優しく、節約しましょう。

再生バッテリーを知らずにバッテリー交換をした人が、本気で悔しがってます。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

スクラムワゴンを快適に・・・メンテも楽しく

愛車スクラムワゴンのメンテを楽しみましょう。 自分でできることって、意外に多いです。

自分の手を動かすと、もっと愛車が好きになれます。 しかも、節約にもなりますし、一石二鳥です。

バッテリー交換ができれば、バッテリーに関わるトラブルのときも慌てることがありません。

バッテリー交換で注意したいのは主に2つ。「マイナス極」と「重さ」です。

【マイナス極】・・・バッテリーを装着時は車全体がマイナス極だと思いましょう。 ですので工具がバッテリーのプラス極に触れながら、車の金属部分に当たると「バチッ」とショートします。 バッテリーのマイナス極を外せば、車はプラスでもマイナスでもなくなるので、ショートの心配がなくなります。 つまり、バッテリーを外すときは最初にマイナスを外し、付けるときは最後にマイナスを付けるのがポイントです。

【重さ】・・・バッテリーは意外に重いです。 持ち運びのときに足に落としたりしないように注意しましょう。

バッテリー交換は、難しくない割にメリットも大きいですし、チャレンジしがいがありますよ。 とてもお得な再生バッテリーでどうぞ。(このお店、バッテリーの回収にも応じています。)


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!


楽しく自動車メンテ

交差点でのトラブル
赤信号での信号待ち。青と同時に発進したら、交差点中央あたりでエンジンが止まってしまいました。エンストなんて珍しいなぁとおもってエンジンをかけなおそうとしてもかからない。とりあえず、交差点の外へは出られたものの、そこから動けずロードサービスでレッカーしてもらいました。発電部品の交渉だったとか。そういうこともあるんですね。

プラグにもいろいろ
普段あまり意識することはないですが、車検のときなどにチェックして交換をたずねられる事があります。交換するときは普通は同じタイプのプラグというのが基本と思います。だからあまり考える事がないと思いますが、プラグにもいろいろ種類があります。中古車だったりで、前の利用者がこだわりのプラグを使っていたときなど、必ずしも同じじゃなくていいですね。

洗車
愛車のメンテナンスでもっとも一般的なのが洗車ですね。大切な愛車だけに、定期的に丁寧に洗車、掃除する人も多いです。コイン洗車場はすごく便利です。自分の手で洗車することで、もっと愛車のことが好きになれますね。スタンドなどでしっかり洗車してもらうのもいいですが、自分で洗車するのも気分がいいですね。

アラウンドビューモニター
ドライバーにとって自動車の便利な機能の一つにアラウンドビューモニターがあります。狭い場所での駐車や、車庫入れなどに重宝します。あたかも車の上からみているかのうような表示を見ながら操作できるって、昔の人がきいたら本当に驚きでしょう。逆に車庫入れのテクニックがあまり自慢にならなくなりそうです。

バッテリー充電
ガソリンスタンドにいけばバッテリーの充電も頼めます。しばらく車に乗らなかったり、エンジンのかかりが悪いと感じたら、バッテリーを充電してもらうといいかも。普通の走行でバッテリーをしっかり充電するにはある程度の走行が必要になるため、充電してもらったほうが手っ取りばやいでしょう。

トゥデイ保険・廃車の常識. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JASPAホンダマツダ、 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B17(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B17なら「26B17L」「26B17R」「34B17L」「34B17R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2013 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system