「通販でバッテリー?」友人はあきれてました。
でも3割程度の値段と知って・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@スカイラインクーペ

マイカーに関する節約方法には、技術の進歩やネットの普及、規制緩和などもあり、昔では思いつきもしないものがあります。

バッテリー交換も、実は大きな節約チャンスです。

本来は誰にでもできていたバッテリー交換ですが、いつしかお金を払って交換してもらうことに慣れてしまっていないでしょうか。自分でスカイラインクーペのボンネットを開ける数少ない機会も失っています。愛車に関わり、よく知ることは、マイカーをもっとが好きになれるチャンスです。と同時に、節約チャンス でもあります。

カギを握るのは、再生バッテリーです。 新品の7割引き(30%)程度相当からの値段。 専門店が行う再生だから、能力に関しても安心です。2年補償や1年補償の長期補償もあります。

車の中は、カーエアコンやカーナビ、カーステ等々、便利だけど電気の需要が上がっています。またパワーウインドウなど、弱いバッテリーでは困ることも。

再生バッテリーなら、安いから費用をかけず、バッテリーの容量アップも気軽にできます。

愛車のメンテナンスのなかで、これほど手軽に節約できるものって他にはないです。再生バッテリーを上手に使いこなすことが、少ない費用でカーライフを楽しむコツです。

再生バッテリーの交換作業をきっかけに、車いじりやメンテの楽しみを知れば、さらに次の可能性もあります。

まずはエコにもいい、再生バッテリー活用の節約術から試してみましょう。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

スカイラインクーペ:新品でも格安バッテリ

「どれだけ安くても、中古品に不安を感じる」というのなら、新品でも格安のバッテリーを実現したバッテリー専門店の通販でしょう。

とにかく大量仕入れにより卸値並みの格安ということで、人気のバッテリーです。もちろん品質にもしっかり目を向けており、2年保証とか、走行距離の保証などもあります。

格安の利点は節約だけでに留まりません。容量アップしても安いので、快適さを犠牲にしない節約ができます。

待つのが嫌いな人でも、当日発送にも対応しているので便利です。店の営業時間を気にすることなく、自分のタイミングで発注できるのも意外と重要です。年中無休なので、バッテリー到着まで待たせないですし、届いたらすぐ交換できます。これで休日をバッテリー交換に当てる必要はないです。

自分でバッテリー交換ができるか不安な場合には、車種別のバッテリー交換作業の動画が役立ちます。

バッテリーのネット通販でもう何年も実績のある専門店だけに安心感が違います。お客さまの声から見つかるヒントもあります。また同じような悩みを知ることで、勇気がもらえたりも。

スカイラインクーペのバッテリー交換で簡単に節約できたら、次からはお金のかかるバッテリー交換には戻れないはずです。


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

スカイラインクーペのボンネットを開けて、愛車のメンテに手を動かしてみると、予想外のうれしい節約が見つかるはずです。

自分で汗をかくことで、愛車のことが前より好きになれるはずです。 その上で節約も見つかりますし、いいこと2倍ですね。

まずはバッテリー交換。エンジントラブルの原因として多いバッテリーだから、交換作業ができるとトラブルのときも慌てずに済みます。

バッテリー交換で知っておきたいポイントに「マイナス極」と「重さ」があり。

『マイナス極』・・ バッテリーが接続された車は全体がマイナス極です。 車の金属部分のどこかに、プラス極に触れた工具などが当たると、「バチッ」とショートします。 作業中のショートの心配がなくすには、最初にマイナス極を外し、作業が終わってから最後にマイナス極を付けるのがポイントです。

『重さ』・・ 思ったより重いのがバッテリーです。 足に落としたら大けがですし、車に落としても大変です。

『たんこぶ』・・よくやるのが、ボンネットに頭をぶつける失敗です。

バッテリー交換は、やってみると簡単です。面倒に感じるのは、やってみる前だから。数千円~数万円の節約に成功したら、もう高いバッテリー交換には戻れないはずです。


楽しく自動車メンテ

ブースターケーブル
バッテリーが上がってしまい、エンジンがかからないときエンジン始動のため必要になるブースターケーブル。できるだけ車の中に常備しておきましょう。バッテリーが上がるとエンジンは始動できません。そんなときは別の自動車からブースターケーブルで電力を分けてもらうことでエンジンを始動させる事ができます。エンジンがかかれば、必要なところまで車が動かせます。

停電の備えに
長時間の停電はすごく困ります。でもケータイ電話だけでも充電ができれば、かなり重宝します。ワンセグで情報がつかめますし、大事な連絡にも使えます。ラジオよりワンセグのほうが情報量は多いですし、テレビが見れると気分的にも安心できます。愛車からケータイへ充電できるようにしておくといざというときは便利です。

出張査定の遅刻の理由
愛車を手放そうと、買取店に出張査定をお願いしました。ところが時間になってもあらわれず、電話がなりました。クルマがトラブルで動かなくなったとか。発電部分の部品が原因だろうということでした。査定員といえばクルマのプロ。そんなプロでもこんなトラブルってあるんだなぁと思ったのでした。遅刻分査定でおまけしてもらえたのでウチとしてはラッキーだったかも。

ウィンカーの球切れ
ウィンカーのどれかが1つでも球切れすると、点滅のペースが妙に速くなります。ですので、ウィンカーの球切れってすぐに分かります。対向車などでも、おかしなペースでウィンカーが点滅してると、どこかで球切れしてるなというのが分かります。ほかのランプ類にはない特徴です。

重いバッテリー
バッテリーは、大きさ見た目のわりに重いです。なぜなら中には鉛がたっぷり入っているからです。ですので、バッテリー交換では、取り扱いに注意が必要です。間違って足に落としたりしたら大変です。また落として愛車にぶつけても大変です。サイズに油断せず、しっかり両手で持つようにしましょう。

任意保険とパジェロでなっとくの保険.中古車選びムラーノのことのぺーじ. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JARTIC道路交通情報、 NASVA日産自動車、 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system