比べてみたら不安だった格安保険がベストかも
一括見積が保険料比べを簡単にしたことで
保険選びのやる気アップで保険の理解が進み・・

スイフトのベスト保険

多くの人が収入減のピンチのときは、節約があたりまえ。 誰にも気兼ねせずに、節約できます。 (節約ワザが身につけば、収入が戻ったときの喜びは倍増。ですね。)

自動車保険ももちろん節約の対象。 保険選びで自動車保険はかなり節約できます。

そのまま継続するより 数万円以上 安くなったと喜ばれる方法があります。

どうして? 答えは簡単。

アナタのスイフトの保険を、 ソニー損保 や アクサダイレクト、チューリッヒ 等の保険会社に見積ってもらって、その中から1番の保険を選べるから。

他にも大手損保と比べられて、サービス内容や補償も安心して比較できます。

自動車保険も競争の時代。 あなたとスイフトに最適の保険選びがポイントです。

でも、「面倒なんじゃない?」 ・・・ その心配は不要です。

ネットで気軽に無料で一括見積請求できるから、 たった1回の手続きです。 やり方は簡単。「車検証」「保険証券」「免許証」を準備してフォームに従って必要事項を入力していくだけ。

利用はもちろん【無料】。

自動車保険の保険料って、保険や特約の構成や割引方法などが各社多様で、有利な保険は人によって異なります。 だから実際見積ってみないと分からないです。

必ずしも保険ランキング1位の保険が、あなたにとっても1番いいとは限りません。

ですので、あなたのスイフト向けに見積もられた保険を比べる事がポイント。

利用者から「もっと早く見直しておけばよかった」と悔しがられる方法です。 一度利用すれば、もうこの方法抜きの保険選びには戻れないかも。

比較するとそれだけ、保険の事がもっと良く分かります。 まずは、ネットで気軽にお試し!


↑↑ クリック ↑↑
比較で一目瞭然! 安心はそのまま、数万円を節約!

スイフト万一の備えの保険なのに

スイフト(スズキ)でのカーライフ。 自動車保険の存在は重要です。

便利なクルマですが、運転には責任も。 万一の事故で、自賠責だけでは十分な責任がとれないことも。 ある意味、自動車の任意保険はドライバーの常識ですね。

でもね。保険ってあくまで万一のためのもの。 もし負担が大きすぎると感じるなら、かけすぎかも。

保険料が最小限で、万一のときに必要な機能を果たす。 本当はそんな自動車保険で十分なのでは?

外資の保険や、ダイレクト保険が身近になり、自動車保険選びの選択肢は相当多いです。

選べる保険会社が多過ぎて、逆にどうしていいか分からない状況です。

そんな状況だから生まれた方法が、「自動車保険一括見積り」。

愛車のスイフトと、あなたの利用状況にあわせて、複数の保険会社から見積りをもらい、比べて1番を選べる方法です。

手軽にネットで利用できて、しかも【無料】。 簡単で便利と人気で、180万人以上が利用した自動車保険選びの新常識です。


↑↑ クリック ↑↑
比較で一目瞭然! 安心はそのまま、数万円を節約!


自動車保険の話題

保険を使うとき
自動車保険の内容って、分かってるようで、ちゃんと分かってないことも。保険の仕組みは事細かで複雑です。加入時の説明でそのときは分かったつもりでも、しばらく経つと分からなくなったり、紛らわしくなったりする事が多いです。そのため、必要な時に上手に使えないこともあります。いい補償をつけても、使いこなせなければ意味がないですね。

自賠責
自賠責は強制的に加入が義務付けられている自動車の保険です。でも車検のときに一緒に更新されるので、あまり意識されることは無いでしょう。ところで、事故を起こしたときの賠償において自賠責では上限がありますので、通常は任意保険にも加入します。一般的に自動車保険といえばこの任意保険のことをさす事が多いですね。

事故の被害者となったらすること
事故にあったときは、警察と保険会社への連絡が大事です。なお、保険会社の担当者が現場に来ることは期待できないので、できるだけ自分で証拠を残しておくようすると、その後の流れもスムーズです。例えば携帯電話で現場写真を撮るとか、目撃者がいたら証言協力をお願いするとかですね。相手の名前と連絡先の確認も忘れられません。とはいえ、ケガなどがあった場合には先に、そちらの処置のほうが大事ですね。

自動車保険の更新
自動車保険は毎年更新していくものです。とはいえ、毎年同じ保険会社である必要はありません。年月を重ねるごとに条件は変わっていく事が普通ですので、そのつど保険会社を比較するのが利用的ですね。とはいえ手間がかかるのでは面倒です。でも一括見積もりサービスを利用すればたった1回の手まで複数保険会社の見積もりを比べる事ができるので便利です。

バッテリー上がり
ロードサービスの利用で多いのがバッテリー上がりだと思います。バッテリーの電圧をマメにチェックしている人なら無縁かもしれませんが、やりがちなトラブルです。交換スパンは長いですが、バッテリーも消耗品なのでときどきはチェックが必要です。ブースターケーブルを使うときにはケーブルの規格にも注意です。

クルマ情報買取り下取り廃車スイフト簡単査定比較.

自動車保険は価格とサービスで競争の時代。保険は比べて選ぶと自分と愛車にピッタリな安くていい保険が見つかります。主な保険会社をピックアップしてみます。アクサダイレクト(AXA)のテレビCMを見て気になっている人は多いです。アメリカンホーム・ダイレクト(アメリカンホーム保険)はアメリカで創設され、日本では1960年からの営業、1997年に日本で初めてリスク細分型自動車保険の販売を開始したといわれてます。日本の保険ビジネスにおけるダイレクトマーケティングのパイオニア的な存在ですね。エース保険は世界50カ国以上で事業展開する、エースグループの保険会社です。走る分だけの保険料のソニー損保。自動車保険顧客満足度総合No.1を売りにしているチューリッヒ(ZURICH)。その他、三井ダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、セゾン自動車火災、ゼネラリ、全労災、三井住友海上、そんぽ24、SBI損保、ニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン、東京海上日動、日本興亜損保、富士火災、あいおい損保(IOI)、AIU保険などなどたくさんありますね。

万一のための保険に払い過ぎでは?


↑ クリック ↑
比べるから安い!
分かる!

自動車保険体験談
** 20代 男性 **
よく耳にする保険のCM。ラジオやテレビのCMは大げさかなと思ってました。でも実際に見積もりを比較してみてビックリ!
最安値と最高値の差は倍!比べてみないと分からないものです。
** 50代 男性 **
実家に子供が戻ってくることに。自動車保険の年齢制限を変えるついでに保険会社ごと見直すことにしました。
テレビCMでよく見る安い保険会社を考えていましたが、一括見積りで比較してみると、意外な保険会社が安くてそこにしました。
** 30代 女性 **
給料が減り、残業もできなくなりました。
収入減を補うため節約のため自動車保険をやめようと考えました。
でも、やっぱり加入しないのは不安なので、保険の一括見積もりで比較することに。
予想以上に保険料が節約できて驚いています。

クルマのお役立ちサイト

| 道路交通情報~JARTIC~スズキダイハツ

スズキの車

コンパクトカー・ハッチバック

| 暖房でQUIZ愛車バッテリー交換を節約・エコ自動車保険見積比較事故車も買取り

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちら (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007-2016 自動車保険の節約ワザ※万一の備えに払い過ぎてませんか?. All rights reserved
inserted by FC2 system