「バッテリーを通販?」友人は笑ってました。
でも値段が【3割】程度と知ると・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@ランディ

マイカーに関する節約方法には、技術の進歩やネットの普及、規制緩和などもあり、昔では思いつきもしないものがあります。

バッテリー交換も、実は大きな節約チャンスです。

本来は誰にでもできていたバッテリー交換ですが、いつしかお金を払って交換してもらうことに慣れてしまっていないでしょうか。自分でランディのボンネットを開ける数少ない機会も失っています。愛車に関わり、よく知ることは、マイカーをもっとが好きになれるチャンスです。と同時に、節約チャンス でもあります。

カギを握るのは、再生バッテリーです。 新品の7割引き(30%)程度相当からの値段。 専門店が行う再生だから、能力に関しても安心です。2年補償や1年補償の長期補償もあります。

車の中は、カーエアコンやカーナビ、カーステ等々、便利だけど電気の需要が上がっています。またパワーウインドウなど、弱いバッテリーでは困ることも。

再生バッテリーなら、安いから費用をかけず、バッテリーの容量アップも気軽にできます。

愛車のメンテナンスのなかで、これほど手軽に節約できるものって他にはないです。再生バッテリーを上手に使いこなすことが、少ない費用でカーライフを楽しむコツです。

再生バッテリーの交換作業をきっかけに、車いじりやメンテの楽しみを知れば、さらに次の可能性もあります。

まずはエコにもいい、再生バッテリー活用の節約術から試してみましょう。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

ランディ:新品でも格安バッテリ

「節約のためとはいえ、中古品に不安を感じる」場合には、とりあえず新品の格安バッテリーがどの程度安いかを知るのもいいでしょう。

卸値並みの格安を、ネット通販大量仕入れなどの工夫で実現した専門店のバッテリーが話題です。もちろん品質へのこだわりもあり、そのこだわりは、2年保証や、走行距離の保証などをチェックすることで確認できます。

とにかく安さを求めるだけではなく、能力のランクアップで快適さも重視しながら節約するという、欲張りも可能です。

ネット通販なので営業時間に関係なく、自分のタイミングで発注できます。待つのが嫌な人にも便利な、当日発送もありますし、年中無休です。思いついたときに注文して、届いたら交換するだけ。実店舗でのバッテリー交換のように、待ち時間も含めて「半日潰れた」なんてこともないです。

自分での作業に不安な人のために、バッテリー交換作業の車種別の動画も公開されてます。気軽に確認できて心強いです。

かれこれ何年もネット通販を運営している専門店だから、ホームページを見るだけでもいろんなヒントが見つかります。お客さまの声もおもしろいです。勇気ももらえると思います。

ランディのバッテリー交換で節約できるのは、数千円?それともそれ以上?


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

ランディのボンネットを開けて、愛車のメンテに手を動かしてみると、予想外のうれしい節約が見つかるはずです。

自分で汗をかくことで、愛車のことが前より好きになれるはずです。 その上で節約も見つかりますし、いいこと2倍ですね。

まずはバッテリー交換。エンジントラブルの原因として多いバッテリーだから、交換作業ができるとトラブルのときも慌てずに済みます。

バッテリー交換で知っておきたいポイントに「マイナス極」と「重さ」があり。

『マイナス極』・・ バッテリーが接続された車は全体がマイナス極です。 車の金属部分のどこかに、プラス極に触れた工具などが当たると、「バチッ」とショートします。 作業中のショートの心配がなくすには、最初にマイナス極を外し、作業が終わってから最後にマイナス極を付けるのがポイントです。

『重さ』・・ 思ったより重いのがバッテリーです。 足に落としたら大けがですし、車に落としても大変です。

『たんこぶ』・・よくやるのが、ボンネットに頭をぶつける失敗です。

バッテリー交換は、やってみると簡単です。面倒に感じるのは、やってみる前だから。数千円~数万円の節約に成功したら、もう高いバッテリー交換には戻れないはずです。


楽しく自動車メンテ

スーパー駐車場でバッテリー上がり
スーパーで買い物を終えて、マイカーに乗っていざ家へ。ところがキーを回してもエンジンがかからない。そうしてるうちに雨も降り出してさらに困った。とりあえず、家にケータイでヘルプ。もう一台の車で救援してもらったのでした。どしゃ降りの中、しかも人通りの多いスーパーの駐車場で、恥ずかしいひと時でした。

パワーウインドウ
昔は手動で開け閉めしていた窓も、パワーウインドウが当たり前となりました。運転席ですべての窓の開閉ができるなど、便利さもある反面、エンジンを切った時に開け閉めできないことや、バッテリーが弱いとき等の不便もあります。慣れの問題かもしれませんが、一長一短がありますね。

バッテリーの規格
バッテリーにはいろいろな規格があります。外寸や電極の形・配置などのほか、パワーにも段階的に規格が用意されています。ところで、パワーに関しては大きいものを利用する事が可能で、近頃は車内の電装装備が充実していることもありパワーは大きいほうが安心です。

バッテリー液のチェック
バッテリーの調子が悪いとき、バッテリー液の不足が原因の場合もあります。人によってはなかなかボンネットを開ける機会がないという人もいますが、大事な愛車です。たまにはボンネットを開けて、バッテリー液の量もチェックしたいですね。ちょっと見にくいこともあるので、しっかりチェックです。ついでに、ウォッシャー液もチェックしておきましょう。

かなり困るウォッシャー液切れ
走行中にウォッシャー液が切れるかなり困ります。前が見えなくなりますからね。下手すると事故にもつながりかねません。ボンネットを開ける機会って普通の人はそれほどないかもしれませんが、たまにはチェックしておきましょう。もしくはスタンドなどで定期的に見てもらうというのも一つの手です。

ヴィヴィオ保険・廃車の常識. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JADAスズキダイハツ、 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

年間数万台が利用の再生バッテリー

【激安バッテリー市場】
↑ クリック ↑
卸値並みの価格

再生バッテリー・・例えば・・
ラインナップをピックアップ
40B19L(R) \2280~
60B19L(R) \2980~
46B24L(R) \3580~
55B24L(R) \3980~
55D23L(R) \5280~
75D23L(R) \5880~
80D26L(R) \6380~

スズキの車

| 暖房クイズ愛車バッテリー交換自動車保険事故車

お問い合わせ

ご感想・リンクなどお問合せ先はこちら≫

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system