「バッテリーもネット通販?」あきれ顔の友人も、
その3割程度の値段を知ると・・・

楽しく&お得なバッテリー交換@ステラ

不安も多いこの頃、もし収入・給料が減ったとしても、その分節約で取り戻せば、生活レベルを変える必要はないです。 生活力アップで収入が上がらなくても生活はもっと充実できるはず。

たとえば愛車のバッテリー交換も大きな節約チャンスです。

交換作業を他人任せで、自分ではやらなくなったという人は、交換ごとに数千円~数万円を無駄にしているのかも。

バッテリー交換は誰でもできる作業で、やってみると意外に簡単です。 しかも自分の手ですることで、あなたのステラをもっと近く感じることができ、もっと愛車が好きになれます。 メリットは 節約 だけではないです。

たとえば再生バッテリーなら、値段が新品の3割(70%OFF)程度から。 品質に不安がないように、2年補償や1年補償などの長期補償もあります。

エアコン、カーナビ、カーステなど、車内の電気需要は旺盛ですし、昔と違ってウインドウも電動ですし、弱いバッテリーでは困ります。

だから安い再生バッテリーで、費用をかけずに、バッテリーの能力アップという方法もよく使われています。

マイカーのメンテや管理については、プロの整備工場やディーラー、ガソリンスタンドなどにお任せするだけでは見落としがちな節約術が結構あります。中でも再生バッテリーへの交換は、手軽にできる強力な節約術です。

自分でするバッテリー交換をきっかけに、愛車のメンテに興味ができたら、次は別の節約にもチャレンジしましょう。

バッテリー交換した後に、再生バッテリーに気づいて、本気で悔しがる人もいます。


↑ クリック ↑
愛車のメンテを楽しみながら節約!

ステラ:新品でも格安バッテリ

「たとえ安いと分かっていても、中古品だと不安が・・」と感じる人なら、新品の格安バッテリーを一度見てみるのもいいかも。

卸価格並みの格安には理由があります。それはネット通販大量仕入れなんだそうです。品質を妥協しているわけではないです。2年保証とか、走行距離の保証もあるので、チェックしてみましょう。

安いから容量のランクアップも、気軽にできて快適さの向上と節約の両方が狙えます。

思いついたらすぐ行動したいという人をも待たせない当日発送もあります。営業時間を気にしないで発注できるネット通販ですし忙しくても大丈夫です。年中無休だから連休でも大丈夫。届いたら自分のタイミングで交換するだけなので、バッテリー交換でお店に行って待たされて半日とか一日を棒に振ることもないです。

バッテリー交換作業に不慣れでも、バッテリー交換作業の車種別の動画が確認できて心強いです。

何年もネット通販で運営してきた専門店だから、手を動かしたときに知りたい情報がたっぷりです。また掲載されているお客さまの声は、先輩たちの声であり、同じ悩みを見つけると励まされます。

ステラのバッテリー交換で節約したお金の使いみちを考えるのも楽しいです。節約できるのは数千円か?それ以上か?


↑ クリック ↑
卸価格並みの新品バッテリー

自分のステラのメンテはどれくらいできてますか? 自分でできるって、思っているより楽しいことです。

ボンネットを開けてみて、今までとは違う愛車を感じることで、もっと愛車が楽しく思えるかも。 節約できることもいろいろ見つかったりで2倍楽しいです。

手始めはバッテリー交換です。バッテリーが触れればエンジントラブルのときも焦らず対処できるはずです。

交換作業で失敗しないために2つのポイントがあります。それは「マイナス極」と「バッテリーの重さ」です。

マイナス極について・・・作業はマイナス極に始まり、マイナス極に終わります。というのもバッテリーが機能しているとき車全体がマイナス極です。 もしバッテリーのプラス極に触れた工具などが、車の金属部分に当たると「バチッ」とショートします。 バッテリーのマイナス極を外している間は、ショートの心配なく作業ができます。つまり、交換作業の最初にマイナス極を外し、作業の最後にマイナス極を付けます。

バッテリーの重さについて・・・バッテリーは見た目より重いです。 足などに落としたりしたら、大けがすることも。持ち運ぶときやセットするときに注意が必要です。

バッテリー交換を手始めに車いじりに目覚める人も少なくないようです。想像だけで行動しないと感じられない楽しさもあるということですね。


楽しく自動車メンテ

シートカバー
車のシートの汚れ防止と思って、シートカバーを購入してつけました。つけてしばらくはよかったのですが、安かったせいか日焼けの差が目立つようになったり、シワが出て見た目がかっこくよくなく感じたり。長く使う事を考えれば、シートカバー選びもしっかりしたものを選んだほうがよかったみたいです。

ワイパー交換
ワイパーは長く使っているとゴムの部分が劣化して、うまくふき取れなくなってきます。劣化したままでは、雨天時などでの視界が悪くなってしまいますので、その場合には交換が必要です。カー用品店にいくと意外に安く手に入れる事ができますので、早めの交換を心がけたいですね。

たまにはエンジン
長い期間クルマを使わないという場合でも、たまにはエンジンをかけてあげないと、バッテリーが放電してしまい、肝心な時にエンジンがかからないということにもなりかねません。ちょっとしたドライブを兼ねて週1くらいにはマイカーを走らせて上げたいですね。

オイル交換
車を長く快適に乗り続けるために、オイル交換は重要です。オイル交換といえばガソリンスタンドで行う人がほとんどだと思います。オイル交換だけではなく、定期的にオイルエレメントの交換も大切です。とはいえ、オイル交換やオイルエレメントの交換は忘れがちな人も多いですね。あなたは、忘れていませんか?

ブレーキパッドの交換時
通常は車検の時に早目に交換することも多いブレーキパッドですが、摩耗して交換時を迎えると、足回りで特有の音がします。足回りで聞きなれない異音に気づいたら、整備工場などで見てもらうことが大事です。放置すると重大な故障などにつながることもありますからね。

フリード買取りの新しい流れ.エクシーガ保険・廃車の常識. 。クルマのお役立ちサイトさらに、 JCSTAD三菱自動車スバル、 以上。

バッテリーの規格は、[性能ランク][大きさの規格][端子の位置]という順になっています。たとえば「42B19L」の場合「42(性能ランク)B19(大きさの規格)L(端子の位置)」となります。[大きさの規格]と[端子の位置]の位置は物理的な設置にかかわりますので、バッテリー交換のときは現在搭載のものと同一のものを選ぶ事が基本です。[性能ランク]については大が小を兼ね、大きいほどパワー的にもより安心できます。寒冷地仕様車などは大きい性能ランクになっていることが多いです。具体的にバッテリーの規格をいくつか挙げてみましょう。例えば、B19なら「26B19L」「26B19R」「34B19L」「34B19R」などいう感じです。B24なら「46B24L」「46B24R」「60B24L」「60B24R」・・・などなど。D26なら「80D26L」「80D26R」「90D26L」「90D26R」・・・などなど。なお、これらは日本車のバッテリーの規格なので、輸入車などはこれとは違った規格となります。日本のメーカーのクルマでも、時に輸入車と同じ規格のバッテリーを採用している場合もあります。欧州車の規格などがあります。

Copyright © 2007-2015 愛車のバッテリー交換で1万円以上の節約を※安い費用で容量アップも!. All rights reserved
inserted by FC2 system