幸せになる愛犬の育て方

あなたの愛犬、幸せに暮らせてますか?

あなたの家に来たときから、あなたはそのワンちゃんの親がわりであり、家族です。 あなたの愛犬にとって、あなたや家族が人生のすべてです。

あなたも、あなたの愛犬も、そして家族も、幸せに暮らすためには、正しい育て方で、まずは迷惑をかけない犬にしてあげることが第一歩です。

育て方を間違えると、かわいいはずの愛犬が、問題行動を繰り返す悩みの種になってしまいます。 一方で、必要なしつけができていれば、呼べばすぐ飛んでくる可愛いワンちゃんでいてくれるでしょう。

ところが、意外かも知れませんが、実は多くの飼い主さんが、正しい育て方(しつけ)のコツを知らないばかりに、大変な苦労をしています。

犬のしつけには、人とは違う重要なポイントがあります。 そのポイントに気がつかないと、普段何気なくしているあなたの行動が、どんどん愛犬の問題行動の原因になってしまいます。 知ってさえいれば、誰にでもできることだけに、残念なことです。

正しいしつけのポイントは「主従関係」です。 例えば、褒めてはいけないタイミングで褒めすぎたり、愛犬が欲しそうだからと食べ物をあげたり、・・・良かれと思ってした事が、愛犬を勘違いさせる原因になっていることもあります。

愛犬の問題行動は、実は、飼い主さんと愛犬の気持ちのすれ違いが原因かもしれません。

愛犬にあなたの思いを正しく伝えるには、方法とタイミングが大事です。 正しくあなたの思いを伝えて、正しい主従関係(信頼関係)を築くことができれば、愛犬も安心して些細なことにピリピリする必要がなくなります。

飼い主さんとの適切な主従関係(信頼関係)で、不要なストレスや緊張から解放されれば、愛犬も今よりずっと幸せでしょうし、リーダーである飼い主さんに従う事を喜びに感じることでしょう。 きっと飼い主さんが呼べば、喜んでとんで来て、つぶらな瞳で見つめることでしょう。

あなたの大事な愛犬だから、あなたの手で導いてあげたいですね。

愛犬 育て方(しつけ)のコツ

犬には人間にはない特徴があり、まずはそれを理解してあげることが大事です。 でも具体的にどうすればいいの?

はい、愛犬の育て方やしつけに、真剣に悩んでいた飼い主さんたちに、驚かれ喜ばれている「犬のしつけ法」があります。

理由は簡単です。 2000頭の訓練実績があるプロのドッグトレーナーが、その経験をもとに一般の飼い主さんのために明かした「犬のしつけ法」だからです。

しかもこの「犬のしつけ法」は、動画(DVD)で見る事ができます。 動画だから分かりやすいです。 もし同じ内容が文章なら、「読む気がなくなるほど長い文章」か「言葉足らずでピンとこない」かだと思います。 そして何度でも見られるので、忘れたら復習できますし、家族ともしつけ法を共有できますね。

実際この「犬のしつけ法」は、多くの飼い主さんにすごく喜ばれています。 犬を初めて飼った人にも分かりやすいと評判です。

自分のしつけで愛犬が変わっていくので、愛犬のしつけや訓練が楽しいと喜ばれてます。

公式サイトをご覧になれば、20代~50代の多くの飼い主さんの、本音の悩みと喜びの声を見ることができます。 真剣に悩んでいた人たちの体験談だから、見るだけでも元気がもらえます。



↑ クリック ↑
育て方のコツが、訓練頭数2000頭のプロに学べるチャンスです!


***** ***** *****

子犬の甘噛み
子犬に噛まれて痛い思いをした経験はないですか?犬の歯も人間と同じように乳歯から永久歯に生え変わります。子犬の甘噛みの原因の一つとして、歯が生え変わる時期に歯がゆいのをまぎらわすために甘噛みすることもあります。犬によって多少固体差はあるようですが、だいたい1才を迎えるころには永久歯に生え変わるようですよ。

犬ノイローゼ
子犬は人間でいえば赤ちゃんや幼児。なので、いろんなことを飼い主さんが教えていかないといけないです。しつけがうまくいかずノイローゼになりそうな場合もあるかもしれません。でもあきらめないで、正しい方法で根気よくがんばれば飼い主さんとワンちゃんとの間に強い主従関係と信頼関係がうまれると思います。

ウンチまみれのワンちゃん
子犬のうちはいろいろと手がかかりますよね。例えば、朝起きたらワンちゃんがうんちまみれになってた。なんてことはありませんか?その度に犬を洗って家も掃除して、・・・となりますね。育犬ノイローゼになりそうになる気持ちがわかります。飼い主のがんばりどころです。

犬の習性
子犬の困り事や悩み事は、成犬になってくると治まってくることもあるようです。子犬がだんだん家族と暮らしていくうち上下関係を理解してきます。正しく理解していれば、飼い主さんや家族に噛み付いたりはしなくなってくるでしょう。家族の中で大人と子供を比較すると、大人には来なくても子供には舐めにくるということもあります。

犬のしつけ時には厳しく
子犬だからといって何でも許してしまうとこれから長い目でみたとき修正できない場合もあります。わがままなままだと手を焼くことに。わがまま犬はストレスにも弱いと聞きます。犬の世界にも三つ子の魂百まででしょうか。子犬のうちから、適度なしつけは大事です。時には厳しくすることも必要です。

甘噛み癖
子犬の甘噛みがそのまま癖になってしまうこともあるようです。飼い主さんや家族も毎回噛まれるのは、痛いですし痕がついたりでは困りますよね。そんな甘噛みが癖にならないように、しつけたいです。噛む対象が物なら、苦味をつけてやめさせる方法もありますが、人にはちょっと。子犬の時期の生理的な甘噛みには、噛んでもいいおもちゃを与えるなどして、噛んではいけないものと区別する事も大事ですね。

子犬の体調管理
子犬の体調管理はとても大事です。犬の種類によってなりやすい病気もそれぞれ違ってきます。普段のワンちゃんと比べて、いつもと様子がおかしいと感じたら獣医さんにみてもらうといいですね。ただ中には、病院にいくと元気になったり、仮病を使ったりするワンちゃんもいるようですよ。

しつけ法
かわいい子犬との生活は楽しいですよね。でも時には大変なときもあると思います。テレビや雑誌で活躍しているプロのドックトレーナーさんのしつけ方が、ワンちゃんの事で悩んでいた方々から喜ばれています。躾がうまくいかなくて壁にぶつかったとき、一度公式サイトをのぞいてみるといいですよ。きっと同じように悩んでいた飼い主さんの悩みと喜びの声で元気がもらえますよ。


小型犬たち

中型犬たち

大型犬たち

*子供と初めて飼うなら

*初めての年配の方なら

| 暖房にちなんだクイズ育て方で愛犬は変る

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等

Copyright © 2007-2016 失敗しない愛犬の育て方. All rights reserved
inserted by FC2 system